スポンサーリンク


タクシーの料金検索や初乗り・迎車料金

タクシー料金のシュミレーションや料金検索

タクシー料金でザックリ予算を立てるには、インターネットでのシミュレーションが便利です。
タクシー料金のシュミレーションや料金検索には、「ナビタイム」などのポータルサイトが便利です。無料が基本で、乗車場所と降車場所を指定すれば、目安の金額が自動的に計算される仕組みです。東京 大阪 名古屋 京都など都道府県ごとの料金情報を見ることができ、深夜割り増し料金を考慮したタクシー料金も検索でき、各地のタクシー会社を探すこともできます=リンク
※以下のキャプチャー画像からリンクしてます。

※引用:https://www.navitime.co.jp

他に、「全国タクシー料金検索」というサイトもあります。こちらは全国47都道府県のタクシー事業者322社(タクシー合計台数:33,552台)と提携しているサイトで、配車サービスなどにも対応しています=リンク
※以下のキャプチャー画像からリンクしてます。

※引用:https://japantaxi.jp

タクシー料金のシュミレーションや料金検索はパソコンのほか、アプリをダウンロードしてスマホも使えます。外出中でもスマートに検索して、タクシーで行った場合の予測ができます。
タクシー料金のシュミレーションや料金検索をする際、深夜割増や有料道路の有無もチェック項目になります。タクシー移動でも、特殊な方法がとられることがあるので、無料でも完成度が求められるのです。

スポンサーリンク

タクシーの初乗り料金や迎車料金

ちまたでは、タクシーの初乗り料金や迎車料金はわかりにくいという口コミは多くみられます。インターネットでは、ポータルサイトは頼りになります。相場チェックに便利で、概算でタクシー料金を計算させることもできます。
タクシーの初乗り料金や迎車料金は、初乗り料金ひとつとっても全国的な統一感はありません。たとえば、東京では初乗り730円のところもあれば、都心では410円に値下げというケースもあるのです。
タクシーの初乗り料金や迎車料金では、迎車料金もまちまちです。無料でOKという太っ腹なところもあれば、100〜400円程度かかるケースもあります。
タクシーの初乗り料金や迎車料金で、迎車に「スリップ制」をとっている地域は、比較的多くあります。スリップ制とは、迎車のために回送中でもお客が乗っているとみなして、料金を加算する方式です。スリップ制の場合、迎車に初乗り程度の料金がかかるのが標準的です。

東京や大阪のタクシー料金

世間的なイメージと相反して、東京や大阪のタクシー料金は、案外とリーズナブルになっているという評判があります。大都市では鉄道や地下鉄網が発達していますが、目的地まで直通でいけるのはメリットです。
東京や大阪のタクシー料金で、東京では初乗り730円が一般的ですが、都区内・武蔵野市・多摩市では初乗り410円に値下げされています。もっとも約6.5km以上で、料金のアップ率が増すので、トータル的にじつは大差ないようです。
東京や大阪のタクシー料金で、大阪のほうは初乗り680円でほぼ統一されています。大阪圏も鉄道や地下鉄が発達していますが、京阪神間の移動などでタクシーが活躍する場面はままあります。
東京や大阪のタクシー料金は、観光タクシーとしてみた場合、また違った趣があります。タクシーを半日〜1日チャーターして、人や車でごった返す場所もスイスイと、簡単なガイド付きで効率よく観光できる点でメリット大です。



スポンサーリンク


同じカテゴリーの記事

  1. 東横インのホームページと空室状況や予約確認について

  2. キャンピングカーのレンタルや中古購入と人気の軽キャンパー

  3. クラブツーリズムのバスツアーや国内・海外旅行

  4. エネオスやエネオスウイングの店舗検索や営業時間

  5. 紅葉の時期や各地の名所スポット

  6. トリバゴのホテル検索や予約、使い方や評判は?

関連コンテンツ

スポンサーリンク
  1. 近鉄電車や近鉄バスの時刻表や路線図と料金の調べ方

    2018.03.29

  2. 名鉄電車の路線図

    2018.03.29

  3. バーベキュー場

    2018.03.29

  1. 広島観光の定番コースやおすすめスポット記載の観光マップ

    2017.10.20

スポンサーリンク