スポンサーリンク


キャンピングカーのレンタルや中古購入と人気の軽キャンパー

キャンピングカーのレンタル

キャンピングカーに憧れる人は少なくありません。ただ、その使用頻度を考えると躊躇する人が多いようです。そんな方におすすめの選択肢が、キャンピングカーのレンタルです。料金は使う分だけ払えばよく、メンテナンスや車検などのわずらわしさからも無縁でいられるのがメリットです。
キャンピングカーのレンタル料金は、レンタルする時期によって違いがあります。車種によっても違いますが1日あたり、平日は2〜3万円で土日祝はもう少し高く、ハイシーズンなら3〜5万円が相場のようです。
キャンピングカーのレンタルには、しばしば各種割引システムが利用できます。長期割引・早期返却割引・お友だち紹介割引など、費用を少しでも抑える努力はシンプルな鉄則です。
キャンピングカーのレンタルは、付帯する料金にも注意が必要です。配車手数料や保険料はほぼもれなくつき、万が一事故や破損があればノンオペレーションチャージという名のペナルティが課せられます。

東京・千葉・埼玉・関東地域のキャンピングカーレンタルの詳細=リンク
こちらは「成田空港」「岡山」「大阪」発のコースもあります。
全国のキャンピングカーレンタルの地域別検索はこちら=リンク
こちらは、北海道、福岡、大阪、愛知、広島、三重、九州など、全国各地方に対応しています。

スポンサーリンク

中古のキャンピングカー

アウトドアが好き・費用を抑えたいの条件に合わせるなら、中古のキャンピングカーを購入する方法があります。高根の花のキャンピングカーが予想外のお値打ち価格で購入することは十分可能です。
キャンピングカーは小型乗用車と違い、毎日のように使うわけではないので、中古でもあまり劣化しない傾向があります。中古のキャンピングカーなら年式は古くなりますが、状態がいい車が見つけやすいことに気づかされることでしょう。
ただ、中古のキャンピングカーでも決して安い買い物ではありません。安くても2〜300万円するのはザラで、中古なのに1000万円超えも珍しくないのです。
中古のキャンピングカーは、中古車販売店や情報誌で探しまくるほか、ヤフオクなどネットオークションで競り落とす方法が人気です。お買い得キャンピングカーもあるでしょうが、ワケありの可能性もあるので入札の前は情報を細かくチェックして悔いのないようにしたいものです。
中古キャンピングカーの価格相場はこちら=クリック

軽自動車のキャンピングカー

キャンピングカーのベースカーとしてポピュラーなのがハイエース、キャラバンなどで、もうすこしコンパクトなところではステップワゴンなども人気があります。ただS、日本の住宅事情を反映してか、最近は軽自動車のキャンピングカーが支持されています。大型キャンピングカーと比較して低価格が売りで、キャンプに必要な設備がコンパクトにまとまっているのがメリットです。
軽自動車のキャンピングカーは、価格や燃費でコスパに優れているとの評判です。第一、軽自動車とキャンピングカーとのコラボということ自体、いかにも日本的発想です。
販売価格でみると、2〜300万円クラスが多く値ごろ感はあります。キャンピングカーの購入は中古に走る人が多い中、軽自動車のキャンピングカーは新車を求める人が多いのが特徴的です。
国内市場をザッとながめると、軽自動車のキャンピングカーは国産が圧倒的シェアを占めていることが見て取れます。軽といえばスズキが代表格ですが、軽自動車のキャンピングカーでもスズキは主要メーカーです。次いで、日産やダイハツも健闘していて人気がある状況です。
軽自動車のキャンピングカー(軽キャンパー)の情報はこちら=クリック



スポンサーリンク


同じカテゴリーの記事

  1. 東横インのホームページと空室状況や予約確認について

  2. ナビタイムの道路案内や乗り換え案内

  3. 紅葉の時期や各地の名所スポット

  4. クラブツーリズムのバスツアーや国内・海外旅行

  5. スヌーピーミュージアムのアクセスやチケット

  6. スキー場の積雪情報やランキング

関連コンテンツ

スポンサーリンク
  1. 近鉄電車や近鉄バスの時刻表や路線図と料金の調べ方

    2018.03.29

  2. 名鉄電車の路線図

    2018.03.29

  3. バーベキュー場

    2018.03.29

  1. 広島観光の定番コースやおすすめスポット記載の観光マップ

    2017.10.20

スポンサーリンク