スポンサーリンク


大阪観光のおすすめコースや名所マップとガイドブック

大阪観光マップ

大阪観光マップはいろいろなスタンスのマップがたくさん出回っていますが、観光客の立場としては、やはり大阪駅か新大阪駅を中心にみると便利です。
大阪観光局公式ガイドブックによれば、「大阪城エリア」「キタ・中之島エリア」「ベイエリア」「ミナミエリア」「天王寺・阿倍野エリア」のいつつのエリアになります。
※以下のキャプチャー画像からリンクしてます。

※引用:http://www.osaka-info.jp

大阪・梅田駅周辺は、「大阪ステーションシティ」「グランフロント大阪」に、複合ビルやホテルが林立しています。地下は巨大な地下街が広がっていて、大阪観光で名物となっています。
実際に大阪観光マップを広げると、大阪城あたりは大都会のグリーンスポットにみえてきます。なんば駅周辺は、「よしもと」の本拠地・NGKがあり、老舗の飲食店が集中しているエリアでもあります。
大阪観光マップは、海側にも要注目です。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは超人気のテーマパークで、天保山はいまやオーシャンリゾートとして名をはせています。
※大阪観光局公式ガイドブックはこちら(PDF34ページ)=リンク
※以下のキャプチャー画像からリンクしてます。

※引用:ttp://www.osaka-info.jp

※このページの下部にて「大阪観光ランキング」のご案内があります。

スポンサーリンク

大阪観光モデルコース

大阪は独特の極彩色の看板やネオン、「あべのハルカス」はじめ超高層ビルの数々など、全国有数のパワー全開の町ですが、なにかにポイントを絞れば、大阪観光モデルコースは1日コースとしてセッティング可能です。
はじめての人向けに、大阪観光モデルコースはまずは新世界からはじめるのが定番コースです。通天閣にのぼり、ビリケンの足裏をなでるのはもはやお約束ともいえるでしょう。大阪城は、重文の大手門や石垣など見どころ満載スポットです。
大阪観光モデルコースでベタコテを体験するには、ミナミを中心に回るとよいでしょう。グリコのネオンサインで有名な道頓堀、心斎橋筋商店街で大阪の食い倒れ、アメリカ村でお洒落な古着を探し回る楽しみ方があります。
いろいろな視点の「モデルコース」がありますが、おすすめするのは、大阪府・大阪市公式HPからリンクされている「おすすめモデルコース」です=リンク
どんなコースが案内されているかというと…

●人気スポットひとめぐり~大阪観光王道コース!!
●大阪周遊パスを使って はじめての大阪、満喫コース
●歩いて笑って2倍楽しむ!なにわの落語で街歩き
●大正~昭和の浪漫をたずねる、レトロビルめぐりの旅
●大人のための大阪案内 ~ショッピングに美食、夜の大阪まで~
●めざせ恋愛成就。願いよ届け! コース
●コテコテ×ワクワク×ノビノビ!ミナミを3倍、楽しもう

など、いろいろなテーマに沿って全部で40以上のモデルコースが紹介されています。
※以下のキャプチャー画像からリンクしてます。

※引用:http://www.osaka-info.jp

それぞれ、所要時間や立ち寄り場所、予算や見どころなどがわかりやすく提案されています。

大阪観光バスのコース

時間にあまり余裕がない人でも、大阪観光バスのコースは効率よく観光できる点でおすすめです。はじめての人はとくに、大阪観光の体験版として、全体像をつかむのに役立ちます。
大阪観光バスのコースは、大阪駅発着の「OSAKA SKY VISTA」が大人気です。2階建てオープンデッキのバスに乗って、南ルートと北ルートの2コースあります。大阪らしい繁華街や歴史的建造物をめぐり、大阪観光の名所を簡単に制覇できます。
「OSAKA CITY PASS」は、大阪観光バスのコースとクルーズがセットになった商品です。街巡りは2階建てオーブンパスで、クルーズ船で「水都」を同時に堪能できる欲張りな趣向で、大阪の再発見にもおあつらえ向きのコースです。
大阪観光局公式ガイドバックにも「バスでゆくのんびり旅」として一日コースが掲載されています=リンク
※以下のキャプチャー画像からリンクしてます。

※引用:http://www.osaka-info.jp

また、さきほどご紹介した大阪府・大阪市公式HPからリンクされているモデルコースで案内されている中に「大阪周遊パスを使って はじめての大阪、満喫コース」というのがあり、こちらは「大阪周遊パス」という割引制度を利用したもので、入場料金予算2500円で楽しめるおすすめコースです。
「大阪周遊パスを使って はじめての大阪、満喫コース」=リンク

大阪観光名所ランキング

はじめての人は、大阪観光名所ランキングを参考資料として活用したいところです。ところが、ランキングサイトによって評価のし方が違い、名所の数がぼう大なので、とても1回の旅行で周り切れるものではありません。
それでも大阪城、通天閣、道頓堀などの定番スポットは、多くのサイトで上位にランキングされています。繁華街近くなので、名所をめぐりながら、グルメやショッピングも堪能できるのもメリットです。
また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや「あべのハルカス」などの新スポットも、メキメキとランキング順位を上げています。いつ行っても新たな発見があるのが大阪の魅力です。
ちなみにgooのランキングによれば1位=ユニバーサルスタジオジャパン、2位=通天閣や新世界、3位=ミナミ(心斎橋・道頓堀)となっています。
※以下のキャプチャー画像からリンクしてます。

※引用:https://ranking.goo.ne.jp

いろいろまわってみて、自分のランキングを作るのもおもしろいかもしれませんね。
また、「やっぱり手元に置いてページをめくりながら眺められるランキングが欲しい」という方には、KADOKAWAから出版されているウォーカームック「大阪観光ランキング」がおすすめです。
※以下のキャプチャー画像からリンクしてます。

※引用:http://www.yodobashi.com

巻頭の特集記事としは、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン攻略術!」「大阪名物グルメ53選」が目玉になっており、「通天閣、あべのハルカス、海遊館『大阪3大名所』を攻略」という特集では読者特典もあります。
ランキング特集では、「エリア別!大阪で『こんなにしたい!』ランキング」と銘打ち、「大阪満喫モデルコース」「新名所ニュース「」酒場密集エリア 天満&福島」「日本一長い天神橋筋商店街」「絶対に喜ばれる大阪みやげ」というアングルで名所がランキングされています。
大阪で20年以上の歴史を持つ地元情報誌「関西ウォーカー」が、過去の特集データベースなどを参考にネタ選びしたものなので、内容はとても充実しています。ベタ観光はもちろん、今年オープンの最新情報も、余すところなくフォローしており、さらに、関西ウォーカー公式WEBサイト「ウォーカープラス」で日々更新される大阪観光ネタのPV数や、公式Twitter、facebookなどSNSでの反響もランキングに取り入れています。道頓堀やなんば、梅田、天王寺など、15エリアのらくらく観光術など、便利な情報も満載。まよったらとりあえずこれ一冊あればよいでしょう。



スポンサーリンク


同じカテゴリーの記事

  1. 明日の天気、地域や風、気温、警報情報の使い方

  2. 徳島観光マップや眉山・祖谷渓・鳴門などモデルコース

  3. 紅葉の時期や各地の名所スポット

  4. 伊勢神宮のアクセスや地図と駐車場事情や観光スポット

  5. アンパンマンミュージアムのアクセスや料金

  6. 高尾山へのアクセスや観光スポットと登山コース

関連コンテンツ

スポンサーリンク
  1. 近鉄電車や近鉄バスの時刻表や路線図と料金の調べ方

    2018.03.29

  2. 名鉄電車の路線図

    2018.03.29

  3. バーベキュー場

    2018.03.29

  1. 広島観光の定番コースやおすすめスポット記載の観光マップ

    2017.10.20

スポンサーリンク