スポンサーリンク


徳島観光マップや眉山・祖谷渓・鳴門などモデルコース

徳島観光

徳島観光といえば阿波おどりや渦潮が超有名ですが、県全体で見ると、海・山・川の三拍子がそろい、なると金時などのグルメにも事欠かず、バラエティに富んでいます。
川で言えば、吉野川は日本三大河川に入っているほどで、祖谷渓や脇町など、おすすめの観光地がひしめいています。県南東部の阿南海岸は海がめの産卵地として有名ですが、サーフィンやダイビングなどマリンスポーツのメッカとしても人気急上昇中です。

徳島の観光マップ

徳島の雄大な自然の魅力を体感したいのならば鳴門の渦潮、祖谷渓の渓谷美、大岩崖が延々と続く阿南海岸など、おすすめスポットが県内各地にあります。
人間の営みを追体験することもできます。徳島市の阿波おどり、脇町の豪商の栄華をしのぶ江戸レトロな町並み、鳴門市の大塚国際美術館で陶板の形で世界の名画に触れることができ、リアルに再現された名画の数々は圧巻ものです。
それらの魅力すべてを一枚の観光マップにまとめるのはなかなか至難の技とも言えますがここでは徳島観光協会や徳島県が運営する「阿波ナビ」に掲載されている観光マップをご紹介しましょう。PDFファイルなのでダウンロードしたり、そのまま拡大して詳細を見ることもできます。
※以下のキャプチャー画像からリンクしてます。

※引用:https://www.awanavi.jp

スポンサーリンク

徳島観光のモデルコース

ひとつのモデルコースというか、よくあるコースとしては、関西方面からの旅行で鳴門あたりでトンボ返りする人は多いようです。そして、もちろんもっと奥深い楽しみ方もあります。モデルコースの1例として定番なのは吉野川に沿うルートです。祖谷渓〜脇町〜徳島市〜鳴門市へいたるコースです。
車での移動=ドライブを主体にすれば、鳴門〜徳島市〜阿南海岸へいたるルートが、モデルコースとして挙げられます。大岩崖が続く阿南海岸は、大海原を横にみて圧巻の自然美に酔うことができます。
また、四国といえばお遍路、ということで、「四国八十八ヶ所めぐり」も外せないコースでしょう。

眉山観光

眉山は徳島市のシンボルで人気の観光地で、文学作品やアニメ映画の舞台ともなっています。阿波おどり会館の5階にある乗り場から、ロープウェイで標高290mの山頂へ直行できます。また「ひょうたん島クルーズ」で、水上から見上げる姿も趣があります。
眉山山頂には展望台があって、徳島市外や吉野川の流れを一望することができます。眉山は夜景の名所でもあり、観光客はもとより地元でも格好のデートスポットともなっています。眉山の楽しみ方リンク

祖谷渓観光

祖谷渓は、徳島県西部の剣山系1000m級の山々の谷間にある人気観光地です。平家の落人伝説で超有名で、大歩危・小歩危は日本で秘境体験ができます。シンボルの「かずら橋」は、純粋なつり橋でいろいろな意味で迫力満点です。
徳島へ観光できたならば、祖谷渓で断崖すれすれに建っている「小便小僧像」は、格好の肝試しポイントです。高所恐怖症の人には、遊覧船で下から見上げるのでも十分に迫力が伝わってきます。祖谷渓の見どころや地図リンク

鳴門の渦潮

徳島県の鳴門市は、第九初演の地としても知られています。名物の鳴門「渦潮」は、遊覧船で鑑賞できますが、新たにできた鳴門大橋の橋げたから「渦の道」を通って、ガラス張りの床から上から眺めることもできるようになっています。
鳴門の新名所として、大塚国際美術館は徳島観光の目玉として人気急上昇中です。世界の名画1000点あまりが、陶板で原寸大で再現され、細部まで忠実に再現された完成度の高さに圧倒されること間違いありません。鳴門の渦潮観光の詳細リンク



スポンサーリンク


同じカテゴリーの記事

  1. 広島観光の定番コースやおすすめスポット記載の観光マップ

  2. スキー場の積雪情報やランキング

  3. 紅葉の時期や各地の名所スポット

  4. スヌーピーミュージアムのアクセスやチケット

  5. 高尾山へのアクセスや観光スポットと登山コース

  6. 明日の天気、地域や風、気温、警報情報の使い方

関連コンテンツ

スポンサーリンク
  1. 近鉄電車や近鉄バスの時刻表や路線図と料金の調べ方

    2018.03.29

  2. 名鉄電車の路線図

    2018.03.29

  3. バーベキュー場

    2018.03.29

  1. 広島観光の定番コースやおすすめスポット記載の観光マップ

    2017.10.20

スポンサーリンク