スポンサーリンク


下呂温泉のグルメや人気の日帰り温泉と旅館ランキング

下呂温泉とは

下呂温泉(げろおんせん)は、旧飛騨国益田郡にあたる岐阜県下呂市にある温泉です。美人の湯として超有名で、日本三名泉の1つにあげられます。泉質はアルカリ性単純温泉で、やわらかなお湯の肌触りはリピート必至と評判を呼んでいます。
下呂温泉では、「湯めぐり手形」を購入して温泉のはしごをするのがお約束事で、25軒の加入旅館・入浴施設の中から3軒まで入浴できる手形です。湯めぐり手形は有効期間が6ヶ月となっていて、加盟旅館や土産物店で販売しています。
下呂温泉には足湯スポットも点在していて、無料で利用できるのがうれしいポイントです。下呂散策にはタオルを持参して、ちょっと疲れたら近くの足湯でひと休みが、下呂温泉では日常的な光景となっています。

スポンサーリンク

下呂温泉観光マップ

下呂温泉の地図や観光マップはいくつかのところで発表されています。ここは下呂温泉観光協会のものを見てみましょう。こんな感じです。
PDFなのでダウンロードしてプリントアウトしたり、そのまま拡大表示もできます。
※以下のキャプチャー画像からリンクしてます。

※引用:https://www.gero-spa.com/

下呂温泉の旅館ランキング

下呂温泉の旅館の多くは、飛騨川の東側と、飛騨川の支流・阿多野川沿いにあり、ランキングでも多くがランクインしてきます。自慢の源泉かけ流しの湯、飛騨の山々を望む絶景などが、ランキングの決め手となっている模様です。
下呂温泉は「美人の湯」として有名なだけに、和モダンのおしゃれな湯宿が、旅館ランキングの上位につく傾向があります。たとえば、昭和6年創業・湯之島館の昭和レトロな建物は国の有形文化財に登録されているほどです。
下呂温泉では、「湯めぐり手形」の加盟旅館で、立ち寄り湯ができます。高級旅館でも、ランキングサイトで調べて、立ち寄り湯だけでもゴージャス感に浸ることは、一生忘れられない経験となるでしょう。

ちなみに、世界最大の旅行関連口コミサイトとして知られるトリップアドバイザーでも下呂温泉の旅館64件からランキングが抽出できます。ランキング結果は以下です。

1位 下呂温泉 冨岳
2位 睦館
3位 湯之島館
4位 下呂温泉 水明館
5位 望川館
6位 下呂温泉 悠久の華
7位 下呂温泉 小川屋
8位 しょうげつ
9位 下呂観光ホテル本館
10位 川上屋 花水亭

※引用:https://www.tripadvisor.jp

 

下呂温泉のグルメ

下呂温泉は、グルメのほうでもかなりのハイレベルという評判です。中でも、飛騨牛トマト丼は、飛騨牛とトマトとのコラボでアゴが落ちるほどの美味と、女性に大人気のご当地グルメなのです。
下呂温泉のグルメは、Gランチ・Gグルメの認証がよい目印として利用できます。Gとは下呂(Gero)のGのことで、地元食材を主な材料にすることが認証条件です。温泉街のただ中にある「ギャラリー食の館」で、料理サンプルを見ることができます。
下呂温泉のグルメでは、Gスイーツにも要注目です。バニラアイスと温泉玉子とのコラボ「温玉ソフト」、とちの実風味の「とみの実シフォン」など、地産地消のスイーツはリピート必至のおいしさで大人気なのです。Gランチ・Gグルメのサイトはこちらリンク

下呂温泉の日帰り温泉

下呂温泉で日帰り温泉といえば、「クアガーデン露天風呂」が一般的に外れのない選択でしょう。6種類の露天風呂は開放感があり、湯上りには無料の休憩室が利用できると至れり尽くせりです。
下呂温泉では「湯めぐり手形」を使って、日帰り温泉として利用することができます。高級老舗旅館で宿泊とまではいかなくても、税込み1300円の手形を提示することで3軒まで入湯できるとあって、ゴージャスな日帰り温泉を満喫できる趣向です。
下呂温泉の日帰り温泉といえば、足湯は究極の簡略版といえます。JR下呂駅の周辺だけでも、無料の足湯スポットがいくつもあり、本当に道草感覚で手軽に立ち寄れるスポットとなっているのです。



スポンサーリンク


同じカテゴリーの記事

  1. アンパンマンミュージアムのアクセスや料金

  2. 名古屋市交通局の市バスや地下鉄 路線や時刻表と料金検索

  3. 名古屋駅の見取り図と新幹線のホームや地下街について

  4. 濃飛バスの時刻表や高速バスの予約方法

  5. スヌーピーミュージアムのアクセスやチケット

  6. まぼろし博覧会

関連コンテンツ

スポンサーリンク
  1. 近鉄電車や近鉄バスの時刻表や路線図と料金の調べ方

    2018.03.29

  2. 名鉄電車の路線図

    2018.03.29

  3. バーベキュー場

    2018.03.29

  1. 広島観光の定番コースやおすすめスポット記載の観光マップ

    2017.10.20

スポンサーリンク