スポンサーリンク


東横インのホームページと空室状況や予約確認について

東横インのホームページ

東横インは、ビジネス出張や観光で使う人が圧倒的多数のようで、ホームページでホテルの空室状況その他の情報にアクセスできます。事前にホテル名や最寄り駅はじめ、行き方を抑えておけば大安心です。
東横インのホームページでは、ホテルをはっきり決めていない場合でも、もやもやのままの状態で検索ができます。エリア名や駅名などで選んで、適当なホテルを絞り込んでいく仕組みです。
東横インは、ホームページからホテル予約もできます。電話予約と違い、ホームページ経由にすると「300円オフ」「公式HP割」など、キャンペーンでネット予約限定の割引料金で宿泊できるのが最大のメリットなのです。

スポンサーリンク

東横インのホテル検索

東横インはほぼ全国にホテルを展開しています。公式サイトの「ホテル検索・宿泊予約」「ホテル一覧」のメニューへ行けば、大阪舟場、名古屋駅前桜通口、大手町、広島南口など、個々のホテルも、大阪、愛知、東京といった県名から一覧表を見ることができます。=リンク

東横インの会員サービス

「東横INNクラブ」とは、東横インの会員制クラブのことです。申込みは、東横INN各ホテルフロントにて受け付けており、宿泊の際などに申し込みます。中学生以上の方からご入会可能です。入会には、中学生以上である必要があり、運転免許証など年齢を確認できる公的証明書(コピーは不可)と入会費(または切替費用)が必要になります。インターネットで事前申込みをしておけば、カードの発行がスムーズです。来店時に「東横INNクラブカード」を発行してもらえます。入会金が必要ですが年会費は不要です。ただVISAカードの年会費がかかります。この東横インクラブカードは、予約の際にぜひ備えておきたいカードです。5%オフ・20%オフなどの大幅割引のこともあります。

さらに、東横インの会員は、宿泊日の1ヶ月前から予約ができる、15時からチェックインできる、など、なにかと優遇されるメリットがあります。さらに、会員カード自体がルームキーとして使え、キーをフロントで預けたりなどのわずらわしさもなく、セキュリティー面も大安心です。
東横インの会員は、1泊するごとに1ポイント貯まり、ポイントは次回以降に宿泊料金の一部として使えます。さらに、宿泊料金が最大20%オフになるキャンペーンもあったりして、何重にもお得感を誘ってくれます。

それれと別に、「東横INN公式HPアカウント」を取得することでも、さまざまな利便を得ることができます。こちらは東横INNクラブカードがなくても登録ができます。

東横インの空室状況

東横インの空室状況は直接電話して問い合わせるか、インターネットで簡単に照会できます。公式サイトの検索ページで候補のホテルを選び、チェックイン日・宿泊日数・人数などのデータを入力すると、瞬時に結果が表示されます。
東横インの空室状況は、ホテルをはっきり決めていなくともリサーチは可能です。エリアや駅名をキーワードにして検索すると、候補のホテル一覧が表示されます。
東横インは、空室状況をみて満室だった場合でも、駅を1つズラすだけで部屋が取れることはままあります。各停しか停車しない駅など、乗り換えが増えてアクセスが少々不便になるでしょうが、いざという時の備えにキープするのは賢明な対策方法です。

東横インの予約

東横インの宿泊は、昔ながらの電話申し込みもいいのですが、インターネット利用が断然お得です。公式サイト経由の予約で300円オフになるなど、ネット限定のお得なキャンペーンは使わない手はありません。
なので、公式サイト割などのキャンペーンを見込んで予約する人は多いようです。ただ、こうしたキャンペーンは、海外の東横インに対してはたいてい適用外となっています。
公式サイトはホテル名の検索から予約・予約確認・変更・キャンセルといった手続き
東横イン公式HPはこちら=リンク
https://www.toyoko-inn.com/



スポンサーリンク


同じカテゴリーの記事

  1. キャンピングカーのレンタルや中古購入と人気の軽キャンパー

  2. 渋滞情報のリアルタイム情報や高速道路の情報アプリ

  3. クラブツーリズムのバスツアーや国内・海外旅行

  4. アンパンマンミュージアムのアクセスや料金

  5. タクシーの料金検索や初乗り・迎車料金

  6. ナビタイムの道路案内や乗り換え案内

関連コンテンツ

スポンサーリンク
  1. 近鉄電車や近鉄バスの時刻表や路線図と料金の調べ方

    2018.03.29

  2. 名鉄電車の路線図

    2018.03.29

  3. バーベキュー場

    2018.03.29

  1. 広島観光の定番コースやおすすめスポット記載の観光マップ

    2017.10.20

スポンサーリンク